いつだって、今日が一番面白い

mayatoko.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

グラン・ジュテ


毎週木曜・22:25~
NHKのドキュメンタリー番組「グラン・ジュテ」が好き
(私は殆ど、再放送で見る)

グラン・ジュテとは
バレエ用語で「飛躍」という意

苦難を越え、夢を実現させた女性たちの
所謂サクセスストーリーなのだが

年収何億円とか
世界的な大発明を成したとか…っていう
一般人には手の届かない世界の話ではなく
きわめて
日常にありがちな(時には そうでもない場合もあるが)
だけど
そう簡単には掴むことが出来ないレベルのサクセスストーリーなところが魅力

先月、この番組に
8年程前、某SNSで知り合った熊坂仁美さんも出演されていた

今やFacebookをやってる人で
彼女の名前を知らない人はいないであろう

私も
Facebookに興味を持ちはじめた頃
何かマニュアルみたいなものは無いのかな?と書店を徘徊していた折
偶然、著書を見つけて びっくりしたことがあった

ほんと
この数年で、文字通りの「飛躍」を遂げられた熊坂さん

素晴らしい☆彡


番組の締めくくりに投げかけられる

「次は、あなたの グラン・ジュテ!」
の言葉に

「え!?アタシ!?」

と 声に出して問うてみる自分が
なんとも 切なく、愛しいではないか(笑)

世の女性たちよ
いつからだって 遅すぎることはないぞよ

ちっちゃな ちっちゃな Jumpでも
勇気を出して 飛んではみませぬか?

e0242913_12111463.jpg
[PR]
by mayatoko112 | 2011-11-29 11:44 | 暮らし

喝!


『賭博黙示録カイジ』

言わずと知れた
福本伸行氏による日本の漫画作品

なーぼが
この世で最も尊敬する人=福本先生

昨日
探しものがあったので
滅多に足を踏み入れない彼の部屋に潜入

ふと見る 勉強机の上には
見慣れぬ 日めくりカレンダー

e0242913_846269.jpg

























漫画・カイジの中からピックアップされた名言集が
卓上カレンダーになったものだった
(どこで 入手したのかは定かではない…)

確かに

部屋中に散らばってるのは 参考書でも 問題集でもなく…

e0242913_8484317.jpg
















そら、成功できんやろっ!

で、

なんとなく
ほかのものも気になって パラパラしたら

こんなのや

e0242913_8561799.jpg


























こんなのや

e0242913_8572392.jpg


























こんなのも

e0242913_8575156.jpg


























ごもっとも!! と うなりましたがな


福本先生に「喝!」を入れられて
是非とも
まっとうな人生を歩んでもらいたいものだが
いかんせん
ギャンブルを通しての「人生訓」であるからして…(ーー;)


神様!どうか彼を、地獄に連れていかないでください(懇願)
[PR]
by mayatoko112 | 2011-11-26 08:58 | 暮らし

味写


「ほぼ日」のコーナーに
『天久聖一の味写入門』ってのがあったのね
(味写=味のある写真)

これまでの作品をまとめて
出版もされてるから
知ってる方も 多いと存じ上げまするが

久々に 
じっくりを過去のものもチェックしたらば
ホントに どれもこれも
ドラマを感じる 素晴らしい写真ばかり…

うめかよチックというか
VOWチックというか
何が最初だか
どれが先だか よくわからないけど
まぁ、よくぞ捉えたよね、その瞬間☆ な写真達

ワタシとしては
この回の「味写」が好きなのよ 
       ↓ クリックしてね(^。^)

       (その15)

撮影してる時って
被写体に集中しているあまり
自分の事なんて
完全に忘れているものなのよね(^_^;)

たぶん

うちにも
かなりの枚数「味写」があると思われる…



早速 一枚 見つけたゾ('_')

…10年以上前、 地域の運動会でのスナップ…

e0242913_1645191.jpg
[PR]
by mayatoko112 | 2011-11-20 15:29 | 暮らし

冬の楽しみ


なーぼの食べ物の趣味は、かなり 渋い

以前のブログでも
ちょこっと書いた気がするんだけど

いつからか
「練り羊羹」が好きになり
昭和のお菓子「ココナッツサブレ」にハマり
ワッフルより 鯛焼きを好み
おばあちゃんの作る「おはぎ」が大好物

そして
最近のこと

気温が低くなり始めたのを機に
自販機で売ってる缶の「「おしるこ」を片手に帰宅するようになった

そーいえば
年中行事「とんど」のあとに食べる「おしるこ」も
毎年、嬉しそ~に食べていたっけな…

おしるこって 家で作るのは ちょいと面倒だから
何か いいものないかしらん?と
スーパーを徘徊してたら 見つけたわ♪

インスタントな「おしるこ」をね

これなら、一杯あたり70円弱なので
缶のそれより 安上がり!(^^)!

残念ながら 小豆粒は入ってないんだけど
十分に「おしるこ気分」を堪能できてるみたい(あたしゃ 食べてないんすけどね)

井村屋さん、ありがとう☆彡

e0242913_8335611.jpg
[PR]
by mayatoko112 | 2011-11-18 08:34 | 暮らし

奥様ランチ


外でのランチも多い私め

これまで
家に居る時は
テキトー食(お弁当の残り、とか、お茶漬けとか、麺類…)
が多かったんだけど

ここのところ
テキトー食にも飽きてきて

「一人分でも キチンと作ろう」をモットーに
奥様ランチを楽しむことに変更

って 言っても
たいしたものは作ってないんだけどね(^_^.)

なるたけ簡単、且つ、満足感を得られる「おかず」を作り
食事の時間を いい加減に済ませないように…と 注意しておるところ

e0242913_818723.jpg

◆アボガド・トマト・モッツラレラ・ツナ・胡瓜
 (野菜なら何でもOK)に、
 バルサミコ酢&スダチ&摺りゴマ&
 市販の玉葱ドレッシング&亜麻仁油を
 混ぜたものを混ぜ合わせて和える。
 ビタミンEたっぷりの"艶々サラダ”と命名"^_^"










e0242913_8182455.jpg

◆インゲンと人参と蓮根のキンピラ。
 ポイントは、一般的なキンピラの味付け+
 市販の"すきやきのたれ”をチョイ足しすること。
 コクが出ます。←川越シェフちっく(~_~;)
 野菜を炒める時は、良質のごま油を使うと良い。










e0242913_8253339.jpg

◆里芋を茹でて皮を剥き、
 道の駅なんかで売ってる
 「おばあちゃんの手作り味噌」を
 お酒・水で溶いて緩め、ゴマと一緒に絡める。
 いわゆる"ふるさとの味”ですな(^.^)
 (下は、ピーマンとジャコの炒め物)










e0242913_8191983.jpg

◆クラコットに、クリームチーズ
 (できるだけ脂肪分の低いもの)を塗り
  ドライイチジクをスライスしたものを置いて、
 上から生ハムで挟む。
 (これを食べるときには、生姜紅茶と一緒に♪)








あ、言うときますけど、
いくら 食いしん坊なワタシとて
これ、一食分じゃ~ありませんわよ(笑)

※ちょこちょこ撮ってたのをランダムにUPしてみただけ…アシカラズ<(_ _)>
[PR]
by mayatoko112 | 2011-11-17 08:20 | 暮らし

珍解答


ナイナイの番組で
時々やってる
「テストの珍解答」」を披露し
あーだ、こーだと突っ込む企画がありましょ?

先日 書店で
その Bookバージョンを見つけた なーぼ

「VOW」の新刊より
こっちの方が 面白いと思うよ…


っとか言うもんだから

なになに?

手に取った瞬間
表紙で すでに ノックアウト(^'^)

e0242913_8171884.jpg
















「国語」のコーナーでは
こんな珍回答も

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 問) 次の文章を敬語にしましょう(神奈川県Y小学校)

       先生が来た。


 答)   先生が来たでござる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニニン!


気持ちは分からんでもないが…(-。-)y-゜゜゜

e0242913_8174162.jpg
[PR]
by mayatoko112 | 2011-11-15 08:13 | 読書

死なないカラダ、死なない心


今、
もっとも愉しい時間と言えば
週に1度の「YOGAタイム」

8年前から続けている
友人・なっつん

「すごく、心地良い時間なんだよ~☆」

って言ってたのが
回を重ねる毎に 分かるようになったのよね

そんでもって

Yogaを日本に持ち込んで来られた第一人者
マハ先生の師匠(…という表現でよいのか?)である成瀬先生の
「死なないカラダ、死なない心」を読んでみた

帯には
脳機能学者の苫米地氏や
内田 樹先生との対談も収録されている、とあって
興味深々で 読み進めていった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現代では、インターネットで検索すれば、
あらゆる情報が無料で、瞬時に入手できます。
しかし、
いくらネットで調べても決して判らないことがあります。
それは「自分」です。
ヨーガは「自分」を知るための非常に有力な手段です。
ヨーガの実践や瞑想によって「自分は何なのか」を突き詰めていくと、
人間や生命や宇宙の謎が次々と解け、
視野が広がり、
人生の可能性は飛躍的に開けて豊かなものになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肉体的なアプローチを通して
自分の内側を観察していく、という行為…

慌しい日常生活の中では
まるっきり 
見えていなかったこと
感じていなかったことに
少しずつ 気づいていくプロセスが 面白い

まだまだ初心者の身で
エラソーなことは語れませぬが
私には
「Yoga」から教えられることが山盛りあって
教室に通うことが ワクワク以外のなにものでもないことだけは事実である

続けるほどに
何かしらバージョンアップしていく「自分」を想像しながら
眠る前のストレッチには
教室で教わったポーズも ひとつずつ追加している

e0242913_15503194.jpg
[PR]
by mayatoko112 | 2011-11-13 15:39 | YOGA

ハッピーバースデー


本日、11月11日
あーぴ、19歳の誕生日

「死ぬかと思った…」
なんつーレベルではなく
ホントに三日三晩、「生死」の狭間を彷徨いながら
なんとか この世に出てきてくれた第一子

出産時に
一生分の「苦」を体感したであろう赤子は
今や
一生分の「楽」を堪能しているかのような学生生活を送っている

色んな意味で おめでたい^^;

今年は
2011ということで
2011.11.11
1が「6つ」も並んでおりまする

もっと言えば
彼女、午後11時に生まれたので「8つ」でござる

末広がりで ヨロシイんじゃない?

来月あたまには
また舞台に出演させていただくことにもなった様で
これまた 有り難いことでございまする

前回は行けなかったので
この度は 是非とも行こうと画策中

お誕生日に
生んだ私が「プレゼント」を贈ってもらった気分♪

ありがとう、娘よ…☆

これからも
人に優しく 自分に甘く(笑)
一日 一日を 大切に過ごしていってくださいませm(__)m

e0242913_14133550.jpg
[PR]
by mayatoko112 | 2011-11-11 14:13 | 暮らし

オトメチック


いくつになっても
自分の中の オトメな部分は消えないものね☆

と 感じたのは

つい先日
お友達で デザイナー・Yちゃん手作りの
キラキラグッズを目にした時のこと…

光るものって 惹き付けられるぅ~!

自らの輝きパワーが衰えてきたせいか(笑)
年々
派手な色や 大胆なデザイン 光りモノに惹かれるようになってきた

「私のも作って♪」

ランチングクィーンには^_^; 必須アイテム「バッグハンガー」
お願いしていたものが出来上がったので
受け取りに行って参りました

総スワロだから 
煌きもハンパないのよね(画像が暗いのが残念ですが 実物は もっと綺麗…)

e0242913_20314042.jpg















キラキラ小物を持ってるだけで
テンションアゲアゲになりますわよ!

 貴女も おひとつ 如何です?
[PR]
by mayatoko112 | 2011-11-10 20:20 | グッズ

婦人公論



「婦人公論」が
リニューアルされてからというもの
よっぽど興味の無い特集の号以外
9割方は 購読している

最新号の特集は

【40代から人生が開ける人、閉じる人】

45歳の私には 
気になるタイトルじゃぁ あ~りませんか!

早速 買いましたがな…

中でも 読み応えがあったのは
直木賞作家の 木内 昇さん(45)←女性 の頁

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人が人生でやるべきことって、
結局は、その人生を生ききることしかないのではないでしょうか。
何かを成し遂げたかどうかは、
後世の人が判断することで、
自分で決めることではありません。
自分を生きるのは、その人にしかできない。
そういう意味で、
すでに誰もが特別だし、
日々、唯一無二の経験をしているんだと、私は思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○○ちゃんのママ
○○さんの妻
○○さんの嫁

そういう役割と呼ばれ方に
“アイデンティティークライシス”な時期もあったけれど

40代を過ぎ
子育ても 一段落した最近は
それもまた
素晴らしい仕事だったんだと 振り返ったりもする

社会の どことも 繫がっていない気がした時
「私の居場所って おウチだけ!?」と
なんとも言えない虚しさに苛まれたことも一度や二度ではなかったけれど

○○ちゃんのママとして
精一杯 奮闘してた自分がいたからこそ
子ども達は それぞれ
伸び伸びと 成長してくれたんだ…という自負もある

これからは
自分と 自分の周りだけではなく
一人でも多くの人に
微力ながらも
貢献(恩返し)できる生き方をしたい、と思っている

e0242913_8462059.jpg
[PR]
by mayatoko112 | 2011-11-08 08:41 | 読書