いつだって、今日が一番面白い

mayatoko.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

娘という名の姉さん


ここ最近のこと

仕事絡みで
ちょいと悩める出来事があり

ふと、

“娘なら、この事態をどんな風に打破するのか”尋ねてみよう…
と思い立ち
滅多にかけない電話をかけた

(娘に相談…なんて、たぶん、人生初である)

二十歳になった、ってこともあるし
一人の大人としての意見も聞きたく

さらに
私のことを誰よりも近くで見ている娘
(夫と息子の目は、以外と節穴(^_^;))

どんな意見が繰り出すのか?
ちょっと興味もあったりもして…

なんやら、かんやら1時間以上
こちらの事情説明をしたのち

あ~でもない、こ~でもない、と
あらゆる角度からの解決方法を提案してくれた

のち

最後に

「お母さん…
 風を読め。 そして、 時を待て。」

と、決め台詞を吐いた…

思わず
「アンタは 開高 健か!」と 突っ込んだ(笑)



あたしゃ、開高さんの本読んだことないんだよね~(~_~;)

さらに

「風を読め。時を待て。」って本でも書くか!

なんて、話題は別方向に、ずんずん展開していき
終いには大笑いして、電話を切った

娘は、
今年度最後の試験の真っ最中だったらしく
自分の事情は置いといて
至らぬ母の話相手になってくれていたことに
改めて「大人になったなぁ…」と感心しきり←親バカでごめんなさい

ちなみに
開高さんの名言はコチラ
   ↓

http://homepage1.nifty.com/ucci/kaiko.htm


まんざら、ハズレてもないようだ(^_^.)
[PR]
by mayatoko112 | 2013-01-25 09:06 | 仕事

夜の友


読み込むための本ではなく
なんとな~く

さらりん…

と眺めるような本を
時々買います

美容とか、お料理の本だと
必死に読み込んでしまうため
脳みそが休まりません(笑)

こういう類の本は、
装丁にコストがかかってる分
ちょいとお高めだけど

何かを頑張ったあとに、
自分に贈ります☆

だって
誰も、贈ってくれんからさぁ…^_^;


e0242913_20105163.jpg

[PR]
by mayatoko112 | 2013-01-20 20:11 | 読書

仕合せのヒント


愛読雑誌「婦人公論」1月22日号より

神戸女学院大学名誉教授・内田 樹 先生のインタビュー記事を紹介


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆幸せのヒントは細部にある

「仕合せ」の手がかりは断片的で、フィジカルです。
手触りとか匂いとか、直接的なもので、
それに出合った時に
「あ、これだ!」とわかる。

(中略)

就きたい仕事だって、
業種や年収や適性じゃなくて
「どんな服を着て、どんな仕草をしたいか」で
決めてもいいんじゃないですか。

英国秘密情報部に入ったエージェントが
「スパイになった理由」を聞かれて
「オフィスに入るとき、帽子掛けに帽子を投げたかったから」
ということだってあると思います。

何かを「これだ」と感じることがあったら、
自分の中をよく観察したらいい。
他の人は反応しないものに
自分だけ「すごく、いい」と思ったとしたら、
そこに「仕合せ」のヒントがあるはずです。

たとえば誰かと出会ったときに「素敵な人だ」と思ったのは
その人の社会的地位とか見識とかじゃなくて
ネクタイの緩め方がよかったとか、
メガネの拭き方がよかったとかかもしれない。

人がこだわるのは、
たいていの場合「細部」なんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「神は細部に宿る」とか言いますが…

ホント、細部なんですね、細部
(財布ではなく^_^;)

この記事を読んだ後
ふと思い出したのは亡父のこと

身内を褒めるのもナンですが
父親は、目鼻立ちのハッキリした「イイ男」で
母親は、気立てはいいけど、特別美人でもない「フツーな人」

物心ついた頃から
「どうして、こんなイイ男が、お母さんと結婚したんだろ?」

ず~っと腑に落ちないで暮らしておりましてん

そして
小学高学年の頃
意を決して、父に問うてみたんですわ

「ねぇ、お父さん、どうして、お母さんと結婚したん?」

父は、すかさず

「名前が良かったんよなぁ~。
 桂子…Keiko…ケイコ…けいこ…
 な? 響きがええじゃろ?」


ナンじゃそら!?


ヘッドロックかけて
ギューギューに締め上げたい勢いだったけど
とりあえず

「ふ~ん」 と返しておいたと思う


彼のこだわりは「名前」だったかどうか?
真実は藪の中だけど(笑)
[PR]
by mayatoko112 | 2013-01-16 08:43

お着物は…


あーぴ、再び登場(^_^;)

e0242913_9541927.jpg


最近は
お正月のみならず
「着物を着たい…」という人が多くなってきましたね


日本の伝統文化の素晴らしさが、
ジワジワと若い女性たちの間にも拡がっていってる模様

この度の娘の振袖を見て

「うちの子の成人式でも、こんなの着せたいわ!」

と言われる方もチラホラいらっしゃいましたので
ここでお知らせをば

訪問着も、多数取り揃えてありますので
普段遣いで 小粋なお洒落を愉しみたい方にも
おススメです♪ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆アンティーク着物のレンタル(販売も有)なら

福山市沖野上町5-27-28

℡ 080-1926-2804

 「きものや 真知子」 


※完全予約制ですので
 まずは電話にて、詳細のご相談を
[PR]
by mayatoko112 | 2013-01-07 09:55

2013


あけまして、おめでとうございます☆

今年も、ぼちぼち更新ですが

気が向いたら、アクセスしてみてくださいませ(^v^)


         ◆ ↓ 娘の描いた「キモイラスト」です…早々に失礼します<(_ _)>

e0242913_839829.jpg

[PR]
by mayatoko112 | 2013-01-01 08:38 | 暮らし