いつだって、今日が一番面白い

mayatoko.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ナポリタン


ニッチもサッチもどうにもナポリタン♪  WAO!!

そんな気分が盛り上がってきて
冷蔵庫の中にあったモノで
なんとか出来た
「昭和のナポリタン」

脳ミソがナポリタン
口がナポリタン

ナポリタン、ナポリタン言うてたら
ナポリタンの意味が分からなくなってしまったほどよ(笑)

具材のカットはダイナミック!
(まるで焼きそばのよう・・・)

だって、
ニッチもサッチもどうにもナポリタン♪
だったからね(~_~;)

e0242913_15215018.jpg

[PR]
by mayatoko112 | 2014-04-30 15:21 | 暮らし

奇才・園 子温さま


昨夜、
ふと立ち寄った書店で
娘におススメしたいなぁ~と思っていた本に遭遇!

ネットで注文すれば即届く時代…

あえて
「自然に出会う」ことに魅力を感じ
そういう手段は使わないんだぜ!

ワイルドだろぉ~? ←古っ(-_-)

「けもの道を 笑って歩け」/園 子温

エッセイという形をとっているけど
自己啓発本のような重みを持っている

作品の凄味=彼自身の歩んできた人生の凄味なのね

修羅場だらけの半生を(52歳)
こんなにもPOPに語られたら
もう笑うしかないよね~って思う

園 子温ファンならずとも一読の価値あり☆

e0242913_816366.jpg

[PR]
by mayatoko112 | 2014-04-28 08:16 | 読書

ハッピーバースデー♪


「今朝、5時すぎに目が覚めた…」

そういって寝室から降りてきた息子
本日目出度く18歳の誕生日を迎えました


" そういや、アナタが生まれた時間 早朝だったよな…"


育児日記を見ると、5時5分出産…とある

なんか、偶然にしては凄いよなぁ~☆

「この家で、誕生日を祝ってもらうのも最後だなぁ」


感慨深げに語る息子に

「浪人したら、分からんよ^_^;」

水を注す、デリカシーの無い母であった(笑)

久しぶりに、子どもの頃のアルバムを出してみると
暇さえあれば
ハグハグしたり、チューチューしたりしていた
親子の蜜月を想い出す(*^_^*)

来年の今頃は、夢が叶って
この家から出ていることを切願する(-.-)

e0242913_12112848.jpg

[PR]
by mayatoko112 | 2014-04-23 12:10 | 暮らし

WOMAN


イベント「WOMAN Vol.3」開催中の
吉山タンス店さんへ行ってきました

お友達の真知子さん

アンティーク着物や古布などを出品されており
想い入れある逸品について
ひとつひとつ
丁寧に説明をしてくれました
(23日・水曜は終日いらっしゃるそうです♪)

店内では珈琲や紅茶を飲みながら
お喋りできるスペースもあり
久々に会った友人、知人と
お喋りの花(しかも大輪^_^;)を咲かせて参りました

吉山さん、長居してしまいスミマセンでした(・_・;)

もちろん
ハイセンスな家具や雑貨も揃っております

期間は、4月30日(水)まで

是非ともお運びくださいませヽ(^。^)ノ

吉山タンス店

e0242913_19531291.jpg

[PR]
by mayatoko112 | 2014-04-21 19:52 | 暮らし

謝るなら…


とても重い本を読んだ

重い、という言葉だけでは
表現しきれないのだけど…

私の記憶の中にも残っていたこの事件

当時、同じ年頃の子どもを持っていた私には
他人事とは思えなかった

子どもを生み、育てながら感じるコト

当然だけど

20歳になったから大丈夫
とか
就職したから大丈夫
結婚したから大丈夫

は、ない

死ぬまで親子
死んでも親子

あの時、どうして
子どもの気持ちに寄り添えなかったんだろう…とか
もっと、話を聞いてあげれば良かった…
などど、後悔を残したくないから
まずは、一番身近にいる人の心に敏感でいたいと思った
(神経質になる、という意味ではなく)

そして

悩みというのは、たった一人、信頼できる誰かに話せた時点で
もう、大半は解決しているんじゃないかとも思った

一人の少女の死を
ただの「事件」として葬り去ることが出来なかった
著者の記者魂みたいなものも
ヒシヒシと伝わってくる一冊だった


e0242913_18475571.jpg

[PR]
by mayatoko112 | 2014-04-20 18:42 | 読書

親切


「この間、奇跡が起きたコト、話したっけ?」

息子氏、ふと、思いだして話し始めたことにゃ…

先週の土曜の朝
通学に使っている路線バスの時刻が
4月になって改正されていたらしく
それを知らずに、普段通り家を出た模様

待てども待てどもバスが来ない…

そこで、時刻表を確認しに行ったところ
あと20分は来ない、というコトが判明(・。・)

「あ、これは、遅刻だな…」

120%諦めて、椅子に座ってボ~っとしてたら
慌てて隣に座ってきたお婆さん
なんだかイライラ落ち着きのない様子だったという

「あの~。バスの時刻が変わってますから
 当分、来ませんよ。お急ぎですか?」


たぶん、その事実を知らないんだろうと察した彼は
そんな風に声を掛けてあげたという

そしたら、お婆さん、
どうしても時間通りに駅に行かなきゃならないらしく

「それなら、タクシーしかないわ!!」

近くに待機していたタクシーに乗ることにしたついでに

「アナタ、親切に教えてくれて、有難うね。
 一緒に乗りなさい!」


有無を言わせず手を引き
タクシーに便乗させてもらったうえ

さらに

「○○高の生徒さんでしょ?
 そっちまで回ってもらうから大丈夫よ」


わざわざ遠回りまでしてくれたという…

もちろん、親切のお礼で運賃は0円(^^)

ギリギリ始業時間に間に合った、という顛末(奇跡)であった

ちょっと一声掛けてあげた時には
こんな展開があるなんて、想像もしていなかったであろう…


情けは人の為ならず<(_ _)>

e0242913_805195.jpg

[PR]
by mayatoko112 | 2014-04-15 08:00 | 暮らし

一品 or 逸品?


油揚げの中に
色々と詰めて煮る…というのと

春巻きの皮で
色々とくるんで揚げる…という料理


中身に変化をつけられるので
我が家では、
割かし頻繁に出てくる一品なんだけど

もうすぐ18になる息子には、イマイチのようです

「老人が好んで食べるようなメニューだ…」 とさ(-_-)

確かに、言えてる…

だって、私達夫婦はアラフィフでござる
(ひと昔前は「初老」なのだ)

今回は、鶏ひき肉とニラと刻み生姜を混ぜて詰めてある

味付けは、出汁・醤油・みりん・お酒(きび砂糖少々)

お料理レシピなどを見て作る派ではないので
いつでも適当なんだけど
クックパッドに似たようなレシピがあったので
ご紹介↓

◆五目巾着煮…http://cookpad.com/recipe/2095941

和食が無形文化遺産に登録されて以来
日々、偉大な仕事を成し遂げている気になる私であった^^;


e0242913_17244916.jpg

[PR]
by mayatoko112 | 2014-04-13 17:25 | 暮らし

つれづれ


夏生さんのつれづれノート(エッセイ風な日記)
あんなに分厚いのに
一気に読み終えたわ…

もう、ゾーンに入っていたわね(^.^)

電話の音も、玄関のピンポーンさえ
聴こえていなかったのでは?(笑)

角っこを折ったページを一つご紹介

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分は不幸だと思っている人の話を、
いくつ聞いてもしょうがない。

できれば、幸福だと思っている人、
自分なりに成功していると思っている人の話を聞きたい。

そこには、、その人たちに共通するもの、
何か胸に響くものがあるはず。

不幸な例を聞きすぎると、
知らず知らず人は不幸を待つようになる。

自分の現実には責任がある。
自分の現実は自分が作っている。

「運が悪い」はない。
悪いのは運ではなく自分の考え方だ、と思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仰る通りでございます<(_ _)>

生きてるだけで、丸儲け!!と思えば
殆どのことは、そんなに悪いことじゃないんだよね

てか

良いも悪いもなく
ただ起こってくる出来事に対して
自分がジャッジしてるだけなんだよね

そんな訳で

今日も、元気に目覚めたコトに感謝して
目の前の仕事を淡々とこなして参ろうぞ!!

e0242913_15565866.jpg

[PR]
by mayatoko112 | 2014-04-09 15:57 | 読書

サクラ咲く



近所の桜が満開でした(^v^)

生命力溢れる美しさに
ただただ、感動してしまいます…

e0242913_75035.jpg
e0242913_7501933.jpg
e0242913_7503260.jpg
e0242913_750444.jpg

[PR]
by mayatoko112 | 2014-04-07 07:50 | 暮らし